【新築・リノベーションする人必見】風水を最大活用してコスパ最高!風水で間取りを決めるべき【6大メリット】

「風水住宅に住んだらすごい効果があった!」実体験レビュー

「風水住宅に住む」ってどんなイメージがありますか?

風水住宅というのは、
風水エネルギーを存分に活かし、開運を促してゆくために設計された住宅です。

風水住宅に憧れを持っていた筆者が、実際に風水住宅を建て、
住み始めたらどのような変化があったのか詳細にご紹介してゆきます。

風水住宅に住むと、人生の流れが別物に変わった

2016年3月から、自ら設計した風水住宅に住み始めました。

その後、色々な面で良いことが多々あり、だんだんと人生に流れが別物に変わったことを体験してゆきました。

具体的な変化はこのようなものです。

1 短期間で商売の売上が劇的アップ
2 貯蓄スピードが上がった
3 所有している不動産の価値が500万ほど上がった
4 体調をくずしにくくなり、健康的になった
5 子供が良い感じに成長している

短期間で収入が劇的アップ

筆者は、現在は風水師を生業としていますが、
以前は一人で細々とインターネットショップを経営していました。

月商20万円くらいをウロウロして、パッとしない時期が長く続いていた頃です。

2016年3月、風水住宅に住み始めてから約半年が経つころ、
売上がうなぎ上りになり、月商24万円から、170万円となりました。

2015年11月 約一カ月の月商は、240,564円

半年経つと、約7倍の売り上げになりました。
2016年5月 約一カ月の月商は、1,707,734円
※ちなみに、物販業で月商170万というのは、それほどびっくりするほどの大売り上げではありません。

ワンオペで業務を回した環境下で年商2000万円のレベルに達したのです。

ここまで急激に収入がアップした経験が初めてだったので、
個人的には驚く結果となりました。

売上管理画面を見ながら、
「え、風水住宅って、すごくない?」と実感をかみしめました。

これが100%風水住宅の効果だったとは、証明できることではありません。

しかし、過去7年ほどやってきた商売の中では、
類を見ない右肩上がりの成長ぶりを記録したことは事実です。

風水のチカラを借りなければ、このような変化は起きなかった
と実感するのです。

貯蓄スピードが上がった

これは、商売の売上が上がったから貯蓄が進んだということとは関係がありません。

ではなぜかというと、風水住宅に住んでから、
お金ごとに関心が深くなった という心境の変化がありました。

風水住宅に住む前は、もちろん家計簿も付けたことが無ければ、
生活に総額いくらかかっているかなんて計算したことが無い状態でした。

私は自分の商売を趣味的に楽しみ、
生活にかかるお金はすべて旦那任せという、
能天気でお気楽な人間だったのです。

そんな筆者が風水住宅に住み始めてからは、
自然と家計簿をつけ始めるように変わりました。

買い物すればレシートや領収書は必ずもらうようになり、
支出を漏らさずしっかり管理するようになりました。

家を建てたという現実的に大きな支出があって、
心が入れ替わったともいえるかもしれません。

しかし、お金に対する関心は一過性の関心事では終わらず、
完全に習慣としてに根付いたのです。

お金ごとに対しての心構えが
「しっかりと地に足がつく」というモードが入れ替わりました。

2016年に始めた家計簿は、ずーっと現在も続いています。

家計簿をしっかりつけることで、
どのようにお金を使っているかを「見える化」しました。

必要出費と無駄な出費を明確に分けることで確実な貯蓄につながります。

画像は実際の家計簿の様子です。

生活するには、ひと月にいくら必要かということはもちろん、
年間にいくら必要かということも把握しました。

そして、100歳まで生きると仮定した場合に、
どのようなマネープランとなるかまで、夫婦でしっかり話し合うようになりました。

お金の扱いは、望む未来をどのように思い描くかという未来像につながりますよね。

所有している不動産の価値が500万上がった

これは旦那が持っている不動産価値が大きく上がったお話です。

2020年の東京オリンピックを控えている影響もあるのかもしれませんが、著しく価値が上がりました。

不動産を持っていと節税効果もあり、
一石二鳥で大きな収益につながりました。

体調を崩しにくくなり、健康的になった

これはかなり顕著に感じる変化です。

筆者の家族は、もともと体調を崩しにくい丈夫な方なのですが、
風水住宅に住む前に住んでいたアパートでは、度々風邪を引いたり、体調が優れなかったりといった体感がありました。

「なんかおかしいな。免疫力が弱くなったのかな。」と思うほどでした。

子供が風邪をこじらせて入院してしまうこともありました。

風水師となってから以前のアパートを調べて判明しました。

「著しく健康を害する間取り」
だったのです。

色々なマイナスポイントがある間取りでしたが、最大の弱点ともいえるのが、
家の中心近くにトイレが配置されていることでした。

家の中心に何があるか、非常に重要です。
家の中心は、家長(主人)に影響の現れやすいポイントです。
この部分がトイレや水回りであれば、氣が不安定になり、
体調を崩すという現象につながってゆきます。

風水住宅に住み始めてからは、体調を崩すこともめったになくなり、
風邪をひいた覚えがありません。

鼻風邪になる程度の軽症で済み、大病に繋がらないのは住まいのおかげでもあると感じています。

もう一つ、健康になった理由が思い当るのが、
人間ドッグをきちんと受けるようになったことです。

お金事と同じく、健康に対して「地に足がつく」心構えに
変わった実感があります。

人間ドッグだけでなく、婦人系の定期検診も欠かさず受けるようになりました。

病院での検査って、感情的に「嫌だな~」と感じるのが普通だと思いますが、
不思議と検査に対して嫌な気持ちが起こりません。

検査を受けることで、現状が把握できるからです。

定期的に検査を受けることで、小さな変化に気づくことが大切ですよね。

子供が良い感じに成長している

子供については成長期ということもあり、顕著に変化が現れやすいですね。

子供は、大人よりも風水環境の影響を受けやすい
例が多くの現場で見受けられます。

我が子は5歳の保育園生です。

見ていて「良い感じだな~」と思う点は、
快活に色々なことに興味を持ってチャレンジしているところです。

スイミング教室に行き、集中して取り組んでいる様子が見て取れます。
結果、周りの子供たちよりも早いスピードでメキメキと進しました。

保育園の園庭で、ほとんどの子供が見向きもしない鉄棒に黙々と取り組み、
早いうちから逆上がりができるようになりました。
手に豆を作るほど練習に励んだようです。
※ちなみに、親である私は人生で一回も逆上がりできた試しがありません。(笑)

家ではパズル系の遊びが大好きで、最近はタングラムにハマっています。
難しい問題にも集中して取り組んでいます。

我が家は、早期教育には積極的ではない方だと思います。

子供部屋の風水環境を整えているおかげもあってか、
子供が自ら興味関心を示して、自発的に取り組む姿が見て取れます。

風水住宅に住んだら悪くなったこと

大きくメリットのあった5点を上げたところで、
「良い点ばかり上げて、悪かった変化は一つもないのか。」
と思うころでしょうか?

風水住宅に住んで、悪かった変化(デメリット)はこちらです。

1 家の修繕をしてはいけない期間がある
2 ・・・思いつきませんでした。

家の修繕をしてはいけない期間がある

風水の考えを大切にしていれば、色々なやったほうがいいこと、
やらないほうがいいことがあります。

その中で重要なものに、家の修繕をしてはいけない期間があります。

4年間の内の1年間なので、大体4分の1の期間が該当します。
※すべての建物がこの限りではありません。

過去の話ですが、家の修繕をしてはいけない期間ということを知らずに、
雨漏りの修繕を行った事がありました。
それから1カ月経たないうちに、家族が交通事故に遭う災難がありました。

ログイン ‹ 風翔風水堂 ~住まいが人生をつくる~ — WordPress

家の修繕をしてはいけない期間に家の修繕をしたことが、
交通事故に遭うことにつながることは、誰にも証明はできないことです。

風水事例に関わっているとこのような、
●●してはいけない期間に●●した後、凶事が起こるというケースが
後を絶ちません。

風水という「運」を扱う仕事をしていれば、「運の法則性」が見えてきます。

「運」とは、「エネルギー」とも同義語であり、
物事の「現象化」の影役者です。

運には周期的なバイオリズムがあるということが「運の法則性」なのです。

運のことを理解すれば、避けられる災害、災厄もあるのです。

風水住宅に住んで本当に良かった

風水住宅に踏み切るまでは紆余曲折がありましたが
正直、「やって良かった」っていう感想に尽きるんですよね。

本当に、それしかありません。

筆者は、風水住宅というものを家を建てる前から知っていて、
知人の風水住宅にお邪魔して体験する機会もありました。

風水住宅がどういうものか知らない、
体験なんてしたことないという方が世の中の99%以上だと思います。

「風水住宅というものがある」という事実を知っているだけでも
稀有なことなのです。

 本当に一部の人だけしか知られていない情報なんですよね。

本当の風水のパワーはまだ一部の人しか知らない

風水を住宅に活かすということは、それこそ大昔であれば、
高貴な位のごく一部の人にしか使うことは許されていませんでした。

元は、一子相伝で面々と受け継がれた秘伝の学術なのです。

風水師の指南の元に建設された城は、子々孫々にわたり大きく繁栄したことで、
その時代の風水師は命を狙われることもありました。

しかし、本場の中国や台湾とは違い日本では風水と言えば占いの一種と
軽視されがちなのが残念な現状です。

一方、本格風水を取り入れている一部の人は、
風水パワーを存分に活かして自身の人生を大きく花開かせることに
成功しているのです。

風水師に指南を受けた
会社、病院、クリニック、芸能人、スポーツ選手などは
素晴らしい功績を残しています。

北京オリンピックで、見事メダルを獲得した選手は、
風水を取り入れてから劇的に目覚ましい成長を果たしてメダル獲得に至ったと聞きます。

現代は、誰でも風水住宅に住むことができる!

嬉しいことに、風水術は封鎖的な時代を乗り越え、
現代では誰でも利用できる時代となりました。

ただし、本当の風水のパワーについて、
本やネットだけでは残念ながらお伝え出来ないのが実情です。

本格風水術を生かした住まいづくりを、
あなたも取り入れてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちらからどうぞhttps://fengshui168happy.com/contact