【新築・リノベーションする人必見】風水を最大活用してコスパ最高!風水で間取りを決めるべき【6大メリット】

風水を最大活用してコスパ最高!新築するなら風水住宅を選ぶべき6大メリット

風水住宅ってなんですか?
イメージは良さそうだけど、お金もすごくかかりそう。

風水住宅とは、風水のチカラをうまく使って、希望のライフスタイル実現をサポートする家です。

メリットは多数ありますが、間取り決定までのコストを50%カットできる特徴があります

本記事の内容
・風水を取り入れた新築住宅は精神的にも経済的にも◎!6つのメリット
・家を建てるまでのコストが大きく削減できるのでコスパが良い

コスパ最高!風水住宅をに住んで実体験した6大メリット

筆者は2016年に風水住宅を建て、現在まで3年が経過しました。

風水エネルギーを活用した家に住むってどんな良さがあるのか?
筆者自ら、住んでみて発見した6つのメリットをご紹介しましょう。

風水住宅に住んでみて実感した3つのメリット

  1. 金の廻りが良く、貯金のペースが良くなった
  2. 住宅ローンの大幅繰り上げ返済ができる
  3. 家族みんなの健康運がアップした

風水住宅でメリットがある3つのコストカット

  1. 間取り決定までの時間50%コストカットできる
  2. 間取り決定までの費用50%コストカットできる
  3. 間取り決定までの労力50%コストカットできる

知っていますか?間取り決定までに大きな負担となる3つのコスト

コストと言えば、まずは先立つものとしてお金

もちろんお金が第一です。
他にも意外と見落としがちなのが、労力のコストと時間のコストです。

お金、労力、時間3大コストについて一つ一つ紹介してゆきましょう。

コストパフォーマンスとは?
商品の価格・費用に対する、生産性、機能、能率などの高さ。費用対効果比。
少ない費用で得られるものが大きい場合のことを「コストパフォーマンスがよい(高い)」と表現されます。ウィキペディアより

労力コスト ~間取り決定まで~

自分が住む家の間取りを決めるなんて、ワクワクする♪

そうですよね!筆者も胸が躍った一人です。

納得いくまで、何度でも話し合いたい!

経験者だから言っちゃいます。残念ながら、
ミーティング回数が多くても、理想的な家づくりができるとは限りません。

えっ。どうして?

ミーティングの回数を重ねるほどに、人はだんだんとモチベーションが下がってくるものです。
それに、思い通りに話し合いが進まないことも多いものです。

……3か月が経過して。

始めのうちは話し合いが楽しかったけど、もう嫌になってきた。

家を建てるってこんなに大変な事だったの?

お金のコスト ~間取り決定まで~

決めることが多すぎる。

こんなに時間がかかるなんて思ってなかった!

新築の注文住宅を建てた人のほとんどの人がそう口を揃えて言うみたいですね。筆者も右に同じくです。

もっと早くトントン拍子で決まると思ってたのに。

ミーティングに時間と労力を裂けば、お金のコストもかさんできてしまいますよね。

ミーティングを重ねれば重ねるほどに
膨らんでしまう5つのお金のコストとは?

  1. 現在住んでいるの住宅の家賃がかかる (※賃貸の場合)
  2. ミーティングに行くための交通費
  3. ミーティングに付随する場所代、食事代
  4. 住宅メーカーに支払う設計費用
  5. 新築した家の住宅ローン終了までの支払い期間が先延ばしとなる
    (退職後、高齢になってもローンの支払いが続いてしまう)

このように、5つのコストはじわじわと無駄な経費として膨らんでしまうものです。
どうせお金をかけるのであれば、新築する住まいの設備や家具にお金をかけたいと思うはずです。

筆者の場合は、間取り決めまでに通常よりも6カ月ほど長引いてしまいました。
当時住んでいたアパートの家賃6カ月分37万円、その他、ミーティングのための交通費、食事代なども併せるとトータルで約50万円の痛手を負う結果になりました。

うわぁ。50万円も損するかもしれないの?
正直、甘く見てた。

もっと初めによく考えておけばよかった。

時間のコスト ~間取り決定まで~

妥協しない間取りプランを決めたいけど、一カ月単位で時間が過ぎ去ってゆく・・・。

筆者のケースでも、納得のいくプランができるまでに想像以上の時間がかかりました。初めの頃に高かったモチベーションは長く続かず、最後の方は、もう逃げ出したいくらいの辛さでした。

大事な住まい作りには、時間をかけて納得のいくプランができれば理想的ですよね。

しかし、実際は当初の想定を上回るほどに時間がかかりすぎてしまい、却って辛くなるというケースもあります。
時間が長くなるほどに担当者との暗雲が立ち込めることも。

それでも決める項目が次から次へとたくさんあるので、話し合いを中断することはできません。

風水住宅なら、「お金・時間・労力」の3大コストを大幅削減します

風水住宅は、お金、時間、労力の3大コストを大幅に削減できるメリットがあります。

風水師だからこそ提案できるとても画期的な方法は、施主様にとっても、施工会社にとっても双方にwin-winの嬉しい提案となるはずです。

我が家でも大丈夫かなぁ。

なぜ3大コストを約50%も大きく減らすことができるの?

まずは、一般的な注文住宅の流れをお話しましょう。

家づくりとは、「準備」⇒「設計」⇒「施工」の3段階に分かれます。

なるほど。

この中で、施主に最も負担がかかるのはどの段階か知っていますか?

え?施工じゃない?

正解は「設計」です。

設計の中でも間取り決めが一番時間も手間もかかります。
その期間は、平均6カ月~24カ月。
打ち合わせ回数は、約12回~36回程度となります。

期間も、回数もこんなに多くなることがあるの?
それは大変だわ。

風水住宅では、施主とハウスメーカーの間に
風水師が入ることによって、間取り決めまでのコストを約50%削減できます。

え?50%って半分になるってこと?

筆者は間取り決めに無駄な時間と50万円もの余計なコストをかけてしまいました。
実際に痛手を負った経験者だから、これから家を建てる人には同じ失敗をさせたくない気持ちがあります。

風水住宅の間取りの決め方では、

間取り決めまでのコストを50%削減できます。

一般住宅ができるまでの期間

  1. 施工会社、土地の決定(3カ月~6カ月)
  2. プラン打ち合わせ(6カ月~24カ月)
  3. 各種契約、施工(4カ月~12カ月)
  4. 引き渡し、入居(1カ月~2カ月)

合計期間:14カ月~44カ月

風水住宅ができるまでの期間

  1. 施工会社、土地の決定(3カ月~6カ月)
  2. プラン打ち合わせ(3カ月~12カ月50%コストカット!
  3. 各種契約、施工(4カ月~12カ月)
  4. 引き渡し、入居(1カ月~2カ月)

合計期間:11カ月~32カ月

打ち合わせ期間を短くできれば、無駄なお金も支払わなくて済むわね。

お金・時間・労力を少なくすると、施主様の心理的負担もすごく軽減できるはずです。
間取り決めまでのコストを50%削減できる方法をご紹介しますね。

どういう方法なんだろう???

筆者は、自分の家を建てることが夢でした。
夢と希望をもってスタートさせた家づくりでしたが、間取り決めの段階で時間をかけすぎてしまったために無駄なコストを50万円も支払ました。
おまけに、担当者との話し合いはどんどん雲行きが悪くなってゆき、とうとう話し合いを中断させてしまったこともあります。

「こんなはずじゃなかったのに・・・。」と思わず口にしてしまうほどの不安と絶望を味わいました。

そんな、家づくりで辛酸をなめた風水師だからこそ提案できる、間取り決定までのお金・時間・労力をカットできる画期的な方法とは?