【新築・リノベーションする人必見】風水を最大活用してコスパ最高!風水で間取りを決めるべき【6大メリット】

【起龍】風水的には「台風」はお祓いの一種であり、浄化である

お役立ち風水コラム
当サイトの運営者
風水師 風翔(フウカ)

三元玄空飛星派(フライングスター風水)を主とする伝統風水師。
千葉県を拠点として日本全国の風水鑑定をしています。
新築間取り設計の相談、家の風水鑑定、お引越しの相談、日取り選びなどお気軽にご相談ください。

風水師 風翔(フウカ)をフォローする

2019年9月初旬、台風15号が日本列島に甚大な被害をもたらしました。

筆者の住む千葉県が一番被害が大きかったようですね。
道路に大木が倒れて通行止めになっていたり、ところどころ看板が根元からぐにゃりと曲がっていたりして、町中で激しく荒れた模様となりました。

千葉県市原市にある我が家も、もれなく災害を受け、3日間の停電に見舞われました。

台風とは、「起龍」であり、地球のお祓い、浄化のシステム

 

風水的には、台風を「起龍」(きりゅう)と呼び、地球環境を保全する大自然のシステムの一つと考えます。

すさまじい勢力をもって邪気を吹き飛ばし、生氣を招いてくれると言われています。

今回の台風では、多くの古いものが壊れ、なぎ倒され、否応なく新しいものに変えざる負えない状況が起こりました。

台風の浄化によって、古いものや穢れをリセットしてくれる

台風は、大量の雨と風で汚れ、穢れを洗い流してくれる一種の禊(みそぎ)のようなものなのなのではないでしょうか。

日本は、海に囲まれ、地理的にも台風が定期的に起こる場所に位置しています。
台風「起龍」によって、定期的に浄化を受けている日本は、恵まれているのかもしれません。

健康についても、浄化は良いこと

健康についても同じことが言えます。
献血している人よりも、献血していない人の方が血液が汚れていると言います。
献血することにより、古い血液を排出し、そして新しい血液を作り出すこととなりますから血液はわずかながらきれいになります。

また、男性よりも女性の方が平均寿命が長いことは、女性には定期的に血液を体外へ排出する「月経」があるからという説があります。

月経の3日くらい前になりますと、気持ち的にやや沈みがちになり、月経が終わればとても晴れやかになります。

台風が過ぎ去ったあと

台風が過ぎ去ったあとは、空が澄み渡り、清々しい感じがしませんか?

天気が良く、気持ち良い風の吹く日は自然と気分も上がりますね。

穢れ、澱みが一掃され、まさに台風は地球を浄化してくれる、大自然のシステムだと感じます。

コメント