【新築・リノベーションする人必見】風水を最大活用してコスパ最高!風水で間取りを決めるべき【6大メリット】

2019年5月シンガポール・マレーシア旅行記 まとめ雑記

風水スポットを探す旅

この旅行は、本人でもびっくりするような流れで決まったんです。

出発3日前にチケットを取り、バタバタと出かけました。

事の発端から、出発し、帰ってくるまでの一連の流れを備忘録として記しておきます。

4月19日~26日 仕事に没頭の一週間

この一週間は、某仕事の作業。かなり根を詰めて取り組む。

これが事の発端のような。

4月26日 ホッとひと段落。

1週間の仕事が功を制し、間に合う。

浅草橋で天然石ショップを散策。
その後銀座にて某勉強会に参加。

4月27日~ 燃え尽き、灰のようになってGW突入

子供がなんと10日間も休みに!

我が家はゴールデンウィークを全く特別視する習慣がないため、例年通り全くスケジュールをたてないままゴールデンウィークを迎えてしまいました。

というか、4月26日の仕事まで没頭していたので、ゴールデンウィークの過ごし方なんて一切考えていなかった。( ノД`)

 

今年は10連休なんて信じられないまま、青天の霹靂のごとくゴールデンウィークに突入。

3日ほどとして過ごし、
5月1日、令和に入るあたりにわずかに気力を取り戻す。

せっかくだから、何か面白いことできないかな?と探し始める。

近場の海外なんて行けないのか?と当日の航空券を検索してみる。

5月3日 クアラルンプールへのいざない

この日は朝から家族で潮干狩りへ。アサリを大量収穫。

天気も程よく、海に入ってしっかりアースされたせいか(?)のようだった気分がすっかり平常に戻る。

午後、某勉強会グループからのメール着信。

「5月7日、クアラルンプールで勉強会開催するよ!」

 

(゚ロ゚) 来週?というか、4日後? クアラルンプール?

クアラルンプールってアジアのどこだったっけ。

 

・・・飛行機いくらだろう?

 

エアアジアで片道2万円台。空席あり

 

(゚ロ゚)いけるかも。 ・・・行けるのか?

行くとしたら子供と二人で?    うーむ。

5月4日 プチ吉方位旅行にて青龍返首

この日は奇門遁甲にて東が吉格とわかっていたので、
行けるようだったら東へ向けて吉方位旅行しようと思っていた日。

それも、吉格どころか、稀に見る大吉格!

問題なく行けることとなり、吉方位旅行をするためのプチ儀式を行い。

 

早朝、九十九里へ向けて出発。

九十九里浜の砂場にて、お昼くらいまでのんびり過ごす。

その後、ランチしてから帰宅。

 

クアラルンプール行きの件は、モヤモヤと悩みながら、
チケット予約画面をウロウロ。

そしてとうとうチケット購入!
・・・してしまった。

5月5日 クアラルンプール行きのフライトは23:50

チケット購入したけど、まだ気持ちのどこかで迷う部分もあり。

迷いながら、準備を進め、

とうとう決めたのはお昼ごろ。

 

我が子に、「今日から海外旅行に行くよ。」というと、

o(*^^*)o 「やったー!!!」と言ってくれる。

海外旅行が平気な我が子、「強いなぁ」と感心。

 

夜になってから空港へ。

深夜のフライトだから半分寝ながら行けるため、
6時間くらいでもわりと短いような感覚。

5月6日 クアラルンプールに到着

むわっとした空気感に包まれると、「来ちゃったなー」という感覚。

寝てる間に着いた感覚だから、本当に海外へ飛んだのか少し疑うような、気持ちがついてこないような。

それでも朝からしっかり観光へ。

現地の市場!魚介や鶏肉、果物、野菜まで何でもござれ。

バトゥー洞窟!270段もの階段を上り、鍾乳洞のある洞窟内へ。

インド様式の寺院となっており、インド式の参拝をしてみました。

この男性から、眉間に灰を付けられましたよ。

5月7日 シャングリラホテルにて勉強会&懇親会

クアラルンプールの5つ星ホテル、シャングリラホテルで某グループの勉強会に参加。

シャングリラホテルのバーラウンジ、洗練された、とても素敵な空間でした。

勉強会の後は、グランドハイアット クアラルンプールのレストランThirty8にて懇親会に参加。

後ろに見えるのは、ペトロナスツインタワー。

クアラルンプールのビル群を見渡せる高層階にある展望の良いレストランでした。

美味しいラビオリをいただきました。

夜が深まってくる頃には、こんなに煌びやかな夜景が。

短い時間でしたが、良い時間を過ごさせていただきました。

5月8日 クアラルンプールからマラッカへ移動

2泊3日のクアラルンプールを終え、2時間ほど南の町、マラッカへ移動。

マラッカは歴史的な爪痕の残る、世界遺産のある街です。

ここを訪れたかった理由は、風水墓の見学です。

伝統的な様式の風水墓はこのようになっています。

[su_box title=”くわしくはこちらの記事” style=”noise” box_color=”#FFC0C2″ title_color=”#0E3150″ radius=”15″]風水学の起源 マラッカにて風水墓を見学しました[/su_box]

マラッカの市内を少し観光。

これはマラッカ名物のド派手自転車タクシー!

我が子はマイリトルポニーを選びました。他にもドラえもんやポケモンなど色々あって、見てるだけでも面白かった。

5月9日 マラッカ市内を観光

こちらは駅前の噴水広場。

この日は、タクシーで移動しながら、観光スポットを巡りました。

マラッカで重要な運河。

名物のナシ・アヤム。チキンライスがボール状になっていて特徴的。鶏肉がプリプリでおいしかった。

ドリンク付きで12リンギット。(360円程度)

ここはかつての中央風水学院。今は閉校されたらしく、締め切られていました。

入口に下げられた風鈴だけが虚しく鳴り響いてました。

ハン・トゥアの井戸!パワースポットらしいのです。

この井戸、見える人には白いワニの神様が見えるという曰くつき。筆者には見えませんでしたが。

この井戸は干ばつの時にも枯れたことがなく、神秘的な井戸らしいのです。とても神聖です。

水は飲むこともでき、体にかけたりしても癒しの効果があるようです。

マラッカ市内チャイナタウン周辺にある

青雲亭(チェンフーテン)仏教寺院。

ここは、青雲亭(チェンフーテン)仏教寺院近くにあった風水アイテムのお店。細々としたアイテムがたくさん売られていました。

早めに観光を終え、プールサイドで休憩。

5月10日 シンガポールへバスで移動

このバスに乗りました!

4時間の道中、トイレ休憩がないと聞いていたので、かなり心配しました。

バスの中は広く、快適。

しかし、出発が1時間遅れ。

いつになったら出発するんだろうーと心配。

トイレは大丈夫かと思いきや、途中トイレ休憩もあって一安心。

そしてジョホールバルでバスを下され、出国手続きがありました。

別のバスに乗り換え、少し走ってからまたバスを下され。

次は入国手続き。こうなっているんですねー。結構大変。

そんなこんなで4時間の移動予定が、3時間オーバー。

シンガポール到着は夜になってしまったのです。

ジョホールバルからシンガポールへ渡った橋。

ここは大渋滞でした。

夜の到着となってしまったので、この日の観光は諦め、ホテルで早々に就寝。

5月11日 最終日たっぷりシンガポール観光

マラッカでゆっくりしたのでシンガポールが1日になってしまい、この日は怒涛の観光地巡り!

5歳の子供がよくこんなハードスケジュールに耐えられたな、と思う旅程でした。

奇跡のような体力を見せてくれて感謝!

次はマリーナベイサンズに泊まりたい!

シンガポールの記事はこの5つにまとめました。

風水師が廻るシンガポールの5大パワースポット【フールーショウ・コンプレックス】Fu Lu Shou Complex

風水師が廻るシンガポールの5大パワースポット【観音堂】Kwan Im Thong Hood Cho Temple

風水師が廻るシンガポールの5大パワースポット【ブッダ・トゥース・レリック寺院】The Buddha Tooth Relic Temple and Museum

風水師が廻るシンガポールの5大パワースポット【富の泉】サンテックシティ ファウンテン・オブ・ウェルス fountain of wealth

風水師が廻るシンガポールの5大パワースポット【レイン・オキュルス】Rain Oculus

日本に向けて帰路へ

シンガポールの地下鉄は安い!

中心エリアから空港まで2.5ドルでした!

変わった手すりの形にはしゃぐ我が子。

チャンギ空港へ到着。この空港は、遅くまで店が開いていて、深夜のフライトでもギリギリまで楽しむことができました。

出発ロビーに遊具を見つけ、疲れが吹っ飛んだようにはしゃいでました。

朝から夜まで遊びつくす5歳児の体力に驚きました。

本当によく頑張ってついてきてくれて感謝でした!

 

コメント